twitter
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
zakka
ナミダチャン
お勧めハンドメイドアクセSHOP

 
ブリキのプリントボックス
 
 
mt 柄2packセット(ドロップ レッド×ブルー)
 
amazon search
s.m.a.p
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
LINKS
SPONSORED LINKS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スキとキライ自由にしゃべる
<< 胡錦涛国家主席訪日に合わせ都内で抗議活動 | main | 再会 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
四川地震
中国四川での地震、大変な事になっている。
チベット人含む少数民族は、漢人に追いやられて、皆山の方に住んでいるらしい。
その少数民族の住む場所は、道路を寸断されて、救助活動がやっと始まったところだとか。
山の方は地滑りもあって、酷い状態だった。

日本からも5億の義捐金と物的援助、それとは別に、人的援助。
地震大国日本としては、援助はやぶさかでないんだが、何せ中国と言ったら反日国家だし、今まで援助援助で湯水のようにお金を出してる訳で、物はいいけど、金はそんな出さなくていいんじゃね?って思ったりする気持ちも捨てきれない。
日本から金貰ってるくせに、アジア・アフリカの色々な国に援助して、ミャンマーの軍事政権も、ダルフール紛争もバックにいるのは中国な訳で、そう思うと、金なんかいらないだろって言いたくなる。
しかも、その義捐金や支援物資すらちゃんと被災者に届くのかという疑問もある。
ミャンマーも支援物資は横流しされていたようですが、中国では過去にこんな事も。


被災支援金の99%流用 中国陝西省

【北京13日共同】中国陝西省で2年前に発生した洪水被害で、中央政府が被災農民の支援費用として拠出した約5900万元(約8億4400万円)のうち、地方当局が99%以上を流用、被災民が受け取ったのは約50万元(約710万円)にすぎないことが13日までに明らかになった。支援費用の拠出元である国家発展改革委員会系の中国紙、中国経済時報が同日までに伝えた。  同紙によると、地方政府はさらに、不満を訴え抗議した農民らを拘束、最長3年間の「労働教育」処分としており、住民を全く顧みない地方政府が存在する実態が浮き彫りになった。

2006/01/13 08:54 【共同通信】

http://www.47news.jp/CN/200601/CN2006011301003578.html


うちの会社に中国人がいるのですが、5億出すなら私が欲しいwなんて言ってて、いや、中国人のあんたが言うなよって感じなんだけど、翌朝会社で着替えながらニュースを見ていた時に、彼女が、5億なんて出しても、この人達には届くかわからない。
どうせ途中で役人が取ってしまう。
中国は裏金を貰うのが当たり前だと思ってるって言ってた。
日本みたいに、あとから裏金がばれるようなこともない、役人に何をして貰うにもお金がいると。
地震発生した当時も、学校が崩れててたので、一人っ子政策で子供が1人しかいないから、可哀想だと言っていて、最近は2人目産んでいいんじゃないの?って聞いたら、それは知らないけど、きっとお金出さなきゃダメねって言ってた。
何でもかんでもお金が必要ってうんざりしてたな。

そして、予想通りこんな事言ってた訳で。

救助犬の派遣、中国側が拒否 日本レスキュー協会
 中国四川省の大規模地震で、特定非営利活動法人(NPO法人)「日本レスキュー協会」(兵庫県)は十三日、中国の大阪総領事館(大阪市)を通じ、現地に救助犬四、五頭とトレーナー四人を派遣する意向を伝えたが、中国側から道路寸断などを理由に「人も物資も受け入れない」と断られたことを明らかにした。

 大阪総領事館の領事は取材に対し「支援の意は感謝するが、受け入れ態勢が整っていない。現場までたどり着けない可能性があり、すべての国や非政府組織(NGO)からの人的支援を断っている。当面は資金援助に限り受け入れる方針だ」としている。

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0001034741.shtml


やっと日本の援助を受け入れることになりましたが、救助は72時間以内と言われてる中で、それを超えての現地入りになり、援助隊の人達もやるせない気持ちだろうね。
つか、救助隊に自衛隊も入れろって思うけど、難しいんだろうなぁ。
しかもあちこち振り回されて、嫌がらせされてるとしか思えないわと思っていた矢先、予想通りこんな記事まで。

 日本の国際緊急援助隊は18日、「いちるの望み」(隊員)をかけ、多くの生徒、児童が下敷きになった学校の倒壊現場での捜索・救助活動を始めた。ただ、同隊への感謝の声が絶えない被災民とは異なり、人民解放軍などの反応は手放しで「歓迎」とはいかないようだ。(綿陽市北川県 野口東秀)
 中国政府が日本の援助隊を真っ先に受け入れたのには、日中関係の重視や国際協調をアピールする狙いがあったが、民政省などは「反日感情」を危惧(きぐ)し受け入れに消極的だったという。
 その懸念は、被災住民に関する限り払拭(ふっしょく)されたといっていい。しかし、捜索・救助活動にあたる軍などの間には複雑な感情がみられる。
 捜索・救助活動を現場で統括するのは基本的に人民解放軍だ。実際、大規模な災害時に救助や物資の輸送などを行えるのは、軍や消防などをおいてほかにない。
 17日、日本の援助隊は青川県の被災現場で活動したが、軍の兵士の1人は「あれは日本隊だろ。早く帰れよっていう感じだ」と口走った。それ以外にも不快感を示した救助関係者もいた。
 ある中国筋は「軍が仕切る現場で日本隊に生存者を発見させると思うか?」と話す。日本の援助隊に中国側が指定した被災現場は、すでに捜索を終えたか、あるいは巨大な土砂崩れで埋まり、中国側も救助などは「無理」だと判断した小学校だった。同筋は「軍などがいったん捜索し救助活動をすでに終えた現場で、もし日本隊が生存者を発見したら、それこそメンツが立たない」ともいう。
 それでも日本の援助隊が生存者を救出すれば、日中関係の改善にはプラスとなる。現場の軍関係者などによる感情の吐露は、日本から援助隊を受け入れる土壌が整っていないことを浮き彫りにしている。
http://sankei.jp.msn.com/world/china/080518/chn0805182104011-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/china/080518/chn0805182104011-n2.htm


ああもう、もうやるせないわ。

JUGEMテーマ:中国ニュース


| | 23:12 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 23:12 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yaneura-note.jugem.jp/trackback/378
トラックバック
四川地震
四川地震 死者3万超に ダムにも亀裂四川地震 核施設の安全をアピール四川大地震:日本隊の活動見守る家族ら…中学校の救出現場四川地震に関する情報と募金箱の設置について四川地震 四川地震そして!!
| CRアイスエイジ プレミア 解析 攻略掲示板 SANKYO Bisty  制御ロム解除 打法 | 2008/05/19 12:47 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/05/20 1:38 PM |